ヴィートのバスタイム除毛クリーム 敏感肌用は爪につかないようにすべき?


私は元々、肌の毛が濃くて悩んでいました。

カミソリやワックスシートを試しましたが、ここ数年は脱毛クリームを使っています。

日本製の肌への刺激の少ない脱毛クリームや、フランス製で臭いは少々きついですが効果があったヴィートが私には合っていました。

スポンサードリンク

「ヴィートのバスタイム除毛クリーム 敏感肌用」を使っています。

ヴィートは香りや保湿成分入りなど他にも3種類くらいクリームの種類があります。

ドラックストアなどで一箱1000円くらいで買えます。

脱毛クリームの使い方をヴィートを使った場合で説明すると、付属のスポンジの柔らかい面にクリームを付けて生えている毛が隠れる程度に塗ります。

この時に注意すべきなのは素手でクリームを触らないことです。

仮に触った場合は綺麗に洗い流してください。

スポンサードリンク

爪についてしまった場合はなかなか取れなかったので、爪には気をつけてください。

そのまま水や何かに触れないようにして3~5分待ちます。

ヴィートには合計で3分ほど待つように書かれていますが、私の場合はそれだとあまり拭き取れないので5分くらいを目安にしています。

しかし、あまり長くやる必要はありません。

時間になったら、先ほど使っていたスポンジの反対の面で毛を拭き取ります。

優しくゆっくり拭き取ると、綺麗にスルッと取れます。

取り終わったら、水やぬるま湯で洗い流してください。

隅々まで洗い流さないとクリームが結構付いてしまっている場合もあるので、念入りにしてください。

これで手順は終わりです。

だいたい全部で10分くらいで終わります。

カミソリで処理する場合よりも毛穴が目立たないので、肌がツルツルとして心地よいです。

最初の頃は肌がヒリヒリしたりかぶれたりしましたが、慣れてきました。

ですが人によると思うので、肌への刺激が弱い方は控えた方が良いかなと思います。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です