脱毛のときほくろにシールを貼るって知ってた?家庭用脱毛器では要注意?

20150909
最近は脱毛サロンクリニックでムダ毛をきれいに脱毛する方が増えてきています。

これらの脱毛方法はメラニンに反応する光を肌に当てることによってムダ毛が光を吸収して毛根や毛母細胞に熱として伝わり、ムダ毛が生えてくる元となる部分にダメージを与えていきます。

ムダ毛を生成する細胞や組織などが弱ったり破壊されたりしますから、回数を重ねるごとにムダ毛が薄く細くなり、生えてくるスピードもどんどん遅くなってきます。

スポンサードリンク

また、光はムダ毛にしか反応しないため、肌には影響せずにムダ毛のみを処理していくことができます。

シミやほくろが肌トラブルの原因?!

216335362
しかし、注意点として、シミほくろのある部分には光を照射することができません。

シミもほくろも薄茶色から黒色をしていることから解るようにメラニンが多く含まれています。

そこへ脱毛の光を当ててしまうと、ムダ毛だけでなくシミやほくろも反応してしまって熱を持ち、やけどなどの肌トラブルを起こしてしまいます。

しかし、脱毛サロンやクリニックではシミやほくろなどの対応はしっかりと行っていて、その部分を避けて光を照射したり、保護シールでしっかりとカバーして施術してくれますから心配は要りません

スポンサードリンク

自分で脱毛するなら注意が必要!

81119077
注意したいのがレーザー式やフラッシュ式などのメラニンに反応する光を使っている家庭用脱毛器で、自分で脱毛する時です。

シミやほくろにもし照射してしまうと、やけどや水ぶくれ、腫れや赤みなどの肌トラブルを起こす危険性がとても高いです。

照射前にしっかりと自分で確認してその部分を避けて照射したり、保護シールを自分で貼って照射するなど、自分なりに工夫してシミやほくろに光が当たらないように気をつけましょう。

手軽に保護できるのがファンデーションコンシーラーです。

シミやほくろの部分にファンデーションなどを塗って黒い色素に光が反応しないようにカバーすることで、肌トラブルを防ぐことができます。

シールを貼るよりも手軽ですから、家庭用脱毛器で脱毛する時には活用しましょう。

シミやほくろがあるなら「電気脱毛」がおすすめ

そして、シミやほくろなどにムダ毛が生えていてどうしてもその部分を脱毛したい場合には、光脱毛やレーザー脱毛以外の方法を取りましょう。

毛穴に針をさして電気を流す電気脱毛なら1本1本処理できて、シミやほくろがある部分のムダ毛も脱毛できますから気になるなら電気脱毛を受けるのがおすすめです。

即効性がありその場でムダ毛がなくなって後から生えてくることもありませんから、シミやほくろの部分を悪化させずにムダ毛を脱毛することができます。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です