産毛の脱毛を自分でするには?顔や背中が毛深い人必見の対処方法

20150816
腕や脚、ワキなどの脱毛はしていると思いますが、産毛の脱毛もしていますか?

産毛は細くて遠くからでは目立ちにくいですが、至近距離だとわかります。

顔の産毛はひげのようだし、背中の産毛は脱毛をしていないと水着を着たときや温泉で恥ずかしい思いをしてしまいます。

スポンサードリンク

顔はデリケートなので脱毛には注意が必要、背中は手が届きにくく自分では脱毛しにくいですよね。

背中を無理に脱毛しようとすると肌を傷つける恐れがあります。

どうすれば安全上手に脱毛できるのでしょうか。

顔の脱毛にはお手軽シェービング

65601124
顔の産毛の処理はシェービングが一般的です。

カミソリを使用する場合は角質まではがしてしまうので注意が必要です。

脱毛前にはシェービングローションを塗って肌を保護しましょう。

肌を保護せずにシェービングをすると、角質がはがれてバリア機能が低下し乾燥しやすくなります。

カミソリは切れがよく清潔なものを使用します。

切れが悪いと何度も同じところを往復することになり肌の負担が増えます。

雑菌が繁殖して不衛生なカミソリはカミソリ負けの原因になります。

カミソリを動かす方法は顔の中央から外側に向かってです。

スポンサードリンク

脱毛後は肌の力が低下して乾燥しやすいので、保湿クリームで保護をしましょう。

体調が悪いときや生理のときは肌の調子が悪いので脱毛を避けます。

電気シェーバーはカミソリに比べると肌の負担が少ないです。

背中の脱毛はタオルやパフで

208786333
背中の脱毛は産毛を取るタオルパフを使用するのがおすすめです。

タオルやパフに細かい繊維がついていて、繊維が産毛をからめとってくれます。

タオルタイプは体を洗うときのように使えるので、手が届きにくい部位の脱毛もできます。

毛深い人では効果を実感できないかもしれませんが、あまり毛深くない人の産毛なら処理できます。

いろいろな製品があり効果に違いがあるので、口コミなどを参考に選んでみてください。

繊維が肌を傷つけるので脱毛後には保湿を行います。

脱毛ローションや除毛クリームでの脱毛も

脱毛ローションでの脱毛も可能です。

すぐにムダ毛がなくなるものではありませんが、使い続けているとムダ毛が生えにくくなり目立たなくなってきます。

パイナップル豆乳を配合したローションがあります。

逆さにしても使えるスプレーなら、手が届きにくい背中にも簡単に塗れます。

もっとしっかり脱毛したい場合、除毛クリームがおすすめです。

カミソリの場合は肌を切る恐れがありますが、除毛クリームならそのような心配がありません。

お風呂で使えるタイプだと除毛後にシャワーで流して洗えるので脱毛しやすいです。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です