カミソリでの脱毛の肌トラブルについて。怪我と乾燥にご注意下さい。


自己処理の脱毛方法は、大きく4つに分かれます。

剃る・抜く・溶かす・薄くするです。

どの方法も長所と短所があり、肌トラブルは付き物です。

スポンサードリンク

今回、剃るタイプの脱毛方法についてのメリットと、伴う肌トラブルについてお話します。

剃る脱毛で使われる物としては、カミソリ・シェーバー・トリマーです。

シェーバーやトリマーは電機屋などでの購入になり、商品の質にもよりますが値段もそれなりにかかります。

そんな中、カミソリは何処でも手軽に購入出来、刃のみの付け替えが販売されているなど、安くで手にいれられる所が魅力で、誰しも使った事があると思われます。

カミソリは安くで手にいれられる反面、肌トラブルに繋がりやすい危険な商品です。

まず、刃が直接肌に当たるので、剃る向きや力加減によっては失敗して切り傷を作ってしまいます。

スポンサードリンク

これはカミソリの利用者であれば誰しも経験した事があるのではないでしょうか?

私自身、肘や膝などの関節部分はカミソリで剃る事が難しく、失敗して切ってしまう事もあります。

大きな傷を作った事はありませんが、人によっては一生傷に残るほど深く切ってしまった方も居るでしょう。

次に、毛だけではなく肌の表面ごと剃ってしまい、乾燥したガサガサ肌になってしまう事や赤みが出来てしまう事もあります。

敏感肌であったり、カミソリで脱毛する前後のケアを怠ってしまうなどで起こってしまう”カミソリ負け”という現象です。

剃る際にボディソープではなく、ジェルやムースを利用し、剃った後も保湿をしっかり行う事で軽減させる事が出来ます。

しかし敏感肌で合わない場合、別の脱毛を行う方が良いでしょう。

カミソリは手軽に安く手に入れられますが、肌を綺麗に見せるための脱毛で、一生傷やガサガサ肌にしてしまっては意味がありません。

危険なものを扱っていると注意しながら、しっかり肌を守るケアを行う事が大切です。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です