カミソリでの自己処理でボロボロの肌に。粉を拭き毛穴も目立ち…。


私は人よりも剛毛で、小学生の頃から悩んでいました。

当時はまだ幼かったため、カミソリを買う勇気もなく、自己処理もしていませんでした。

ただただ悩み、ハイソックスやズボンで隠していました。

スポンサードリンク

半袖を着るのもスカートを履くのも恥ずかしかったです。

高校生になった時にやっとカミソリを購入し、自己処理をはじめました。

その頃は、カミソリで肌を痛めるなんて思いもしませんでした。

毛がすっきりなくなった事が嬉しくて、大満足していました。

しかし、私は剛毛なので、1本1本が本当に太くしっかりしています。

少しでも生えてきたら男性のヒゲのようにチクチクとして、それはそれで恥ずかしかったです。

スポンサードリンク

そのため、2日に1回くらいはお風呂で自己処理をするようになりました。

時には失敗し、血が流れた事もあります。

それでも自己処理は止められませんでした。

そして毛を剃るのと同時に、皮膚の表面を削っており、だんだん肌はカサカサになっていきました。

常にカサカサで粉を吹いた状態でした。

そして処理をした直後は赤くなり、ヒリヒリするようになりました。

保湿剤を塗ってケアしましたが、2日に1回の自己処理は止められなかったため、肌の状態は悪くなる一方でした。

しばらくすると毛穴も赤くポツポツと目立つようになり、毛は剃って無くなっても、手足は恥ずかしくて人に見せられる状態ではありませんでした。

冬は長袖で隠せるため、腕の処理はしないようにしました。

すると肌は綺麗に戻っていきました。

自己処理は良くないと分かっていても、若い時はサロンに行く勇気もお金もなく、分かっていながらも自己処理を止められませんでした。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です