長年のカミソリ負けで肌に傷跡があり脱毛サロンで施術できず…。


私は幼い時から他の人より毛深く、毛深いことがコンプレックスでした。

小学生の頃から薄い毛が目立つくらい生え、お風呂に入ると父親のカミソリを使って手や足の毛を剃っていました。

剃ったら剃っただけ毛深くなり、特にボディソープやボディケアをしないまま剃っていたので、足は常にカミソリ負けの状態でした。

スポンサードリンク

元々乾燥しやすい肌質の為、足が乾燥してかゆくなり、気づくと寝ている間などに掻きむしり足から血が出ることもありました。

それがかさぶたになり、またかゆくなり、血が出ての繰り返しでした。

小学生、中学生の頃は女性用カミソリを買って欲しいことを母親に言えず、ひたすら父親の髭剃りのカミソリを使用していました。

高校生になるとアルバイトを始めたので、女性用のカミソリを買い、使用し始めました。

スポンサードリンク

カミソリに石鹸がついているものや普通のもの、ボディソープをつけて剃ったりしました。

しかし剃った後のケアをしていなかったので、肌荒れは変化しませんでした。

社会人になり、お金を稼ぐようになって全身脱毛をサロンに通い始めました。

やはり長年のカミソリ負け、乾燥しやすい肌質の為、当日の肌の状態次第では施術してもらえない箇所もありました。

また、掻きむしった後にかさぶたが出来た部分が傷跡になり、その部分を避けてレーザーを当てなければならなくなり、その部分がどうしても脱毛出来ませんでした。

脱毛サロンに通い始めてから、自己処理の際のクリームや剃った後のクリームを使い始め、脱毛サロンの通い始めた頃よりは乾燥も少なくなりました。

自己処理は最初からケアすることが肝心です。

剃る前のクリーム、剃った後のクリームを必ずやるべきだと思います。

そしてお年頃になったお子さんが私のように何のケアもせず勝手に自己処理をして肌をきずつけないように、母親が気付き女性としてアドバイスすべきだと思います。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です