Vラインを除毛クリームで自己処理するも…。毛質に変化が。


今年の夏、ビキニを着る可能性が出てきたときに気になってしまった箇所があります。

それはVラインとVライン上部分です。

今まで他の手脚は除毛クリームでなんとか凌いできましたが、さすがにデリケートゾーンを強い薬の除毛クリームで処理する事に危機感を覚え、最低限カミソリで処理をすればいいと判断し、事前に自己処理を練習兼ねてしていました。

スポンサードリンク

しかし、他と毛質が断然に違って固く。

また、生え際がしっかり根付いている為、あとも粒粒感と青ざめた肌が覗いてしまい、「こりゃ難しい」と試行錯誤する間に2センチも剃ってしまい泣く泣く中断。

しかし時は既に遅く、しばらくは生えてくるまで待とうと放置していました。

スポンサードリンク

そこからが後悔の始まりで、手脚と比べものにならないほど生えはじめに痒みと大きな違和感を感じ、肌は乾燥し始めたため、毎日のボディケアでVライン周辺をフェイスと同じケアを始めました。

次第に毛が生えはじめて、もうこれで安定すると安心したのですが、見てみて驚き。

毛を剃った為に毛質がさらに固くなってしまい、しかも中途半端な短毛の為、下着の布地を突き抜けてしまっていたのです。

恥ずかしいとしか言いようが無く、絶対にデリケートゾーンは自己処理はしていけないと痛感しました。

Vラインでこれですから、「できるようであればIラインもやってみよう」とか思っていたのは甘い考えでした。

金額をケチるよりも下手をしたら手間取ってしまう可能性の方が大きいと危機感を抱きました。

さすがに自分でも見えない箇所で、産婦人科にでも行かない限り他人にもさらけ出さない場所ですから、今も信頼があってお願いができる自分に見合ったサロンを探している最中です。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です