毛抜き、脱毛器機でのトラブルを起こさないためには?


以前、私が行っていた自己処理脱毛は、毛抜き・脱毛器・カミソリ処理です。

まず、毛抜きと脱毛器使用によるトラブルについて書きます。

毛抜きと脱毛器はどちらも『毛を抜く』ものであるため、脱毛後のチクチク感はありませんでしたが、次に毛が生えてくる時に毛穴の中で埋もれてしまう埋没毛が多々ありました。

スポンサードリンク

埋没毛は、そのままにしていても出てこないし、ピンセットで皮膚表面を引っ張って破いたり、針を使ってトゲを抜く時の様に引っ張り出していました。

その様な処理をするため、赤く炎症を起こしたり、時には出血してしまうこともありました。

次に、カミソリ処理のトラブルです。

カミソリを使う際には必ず浴室でボディソープ等をつけて、肌への摩擦を減らし滑りを良くしていました。

スポンサードリンク

しかし、ちょっとした力加減で皮膚表面への当たりが強かった部分などは赤く炎症を起こし、ヒリヒリ痛む事がありました。

また、カミソリ処理の場合だと皮膚表面に出ている毛だけがカットされるので、表面から下の毛がプツプツと目立ちました。

どちらの処理においても共通して起こったトラブルが埋没毛と毛穴の炎症です。

埋没毛からまるで白ニキビの様に毛穴が炎症を起こすこともありました。

もちろん痛みもありました。

毛抜きと脱毛器ならではのトラブルとしては、脱毛を繰り返したことによる毛穴の隆起もあります。

炎症を起こしていなくても皮膚表面がブツブツしています。

カミソリ処理では、繰り返しの摩擦による肌の黒ずみです。

脇なんかは特に元々肌が柔らかい為か、黒ずみや毛穴の隆起が目立ちます。

自己処理は自分の好きな時間に出来て、処理時間も自由がききますが、トラブルを最小限にするためのケアまできちんとできなければ結果酷い状態になってしまうと実感しました。

現在は自宅での光脱毛をするようにしたためか、脱毛による先述のようなトラブルはなくなりました。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です