デリケートゾーンの処理をセルフでする方法は?そのメリットとデメリットとは?


私は4年前からデリケートゾーンの毛を無毛状態(パイパンと呼ばれる状態)にしています。

やった処理方法はカミソリで剃る、除毛クリームを使う、家庭用レーザー脱毛機を使うということをしました。

カミソリで剃るメリットは、痛くない、手軽にできる、コストがかからないことでした。

スポンサードリンク

逆にデメリットは、摩擦による黒ずみが結構出てしまった、カミソリ負けをしてしまった、すぐにチクチクと毛が生えてくる、手を滑らせて出血してしまったことです。

あと、乾燥しやすくなったようで皮膚が白くボロボロになってしまいました。

剃った次の日はチクチクと刺すような痒みも辛かったです。

スポンサードリンク

痒みは慣れましたが、乾燥の改善だけでもと思いインターネットで調べたところ、ベビーオイルを使うのが良いようなので試してみました。

今まではボディソープを泡立てて塗ってから剃っていたのを、ベビーオイルを塗ってから剃る方法に変えてみました。

滑りは多少悪くなったような気がしますが、乾燥はだいぶマシになりました。

次に除毛クリームは、デリケートゾーンの毛はあまり綺麗に取れなかったのと、敏感な部分なのでかぶれてしまいオススメできません。

家庭用レーザー脱毛機は効果が出る前に痛みでやめてしまいました。

濃い毛にはかなりの痛みを伴うので、自分でやるのは難しいものでした。

エステサロンでも痛いと経験者に聞きましたが、とても効果があるようです。

自分で買うにしろサロンにいくにしろ、コストはかなり掛かります。

今でもカミソリを使って処理をしています。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です