高校生女子が脱毛を自分でするなら?間違った自己処理方法に注意を!


私は小さい頃からとても毛深く、ずっとそれがコンプレックスでした。

その上肌がとても敏感肌なため中学生までは、なかなか自己処理に踏み切れずにいました。

そのため同級生からムダ毛のことについて、からかわれることもありました。

スポンサードリンク

さすがに高校生なって自己処理をするようになったのですが、ムダ毛の処理に対して知識もなかったため、安ものの錆び付いたような古いカミソリで、ボディーソープやクリームもつけたりせず、そのまま剃る。

というやり方をやってしまっていました。

スポンサードリンク

肌が弱い上にそんな間違ったやりかたで毎回自己処理していたので、肌はダメージを受けて色素沈着し真っ赤になり、いつもザラザラ乾燥するようになりました。

また太い毛はピンセットを使って抜いたりしていたので、毛が皮膚の中に埋もれこんでいる、『埋没毛』になってしまいました。

それをハリやピンセットを使って、肌から無理やり出してたものですから、まだ高校生なのに、間違った自己処理によってどんどん肌はボロボロになっていきました。

今では、ある程度の自己処理の知識ができてきたので、高校生の頃ほど肌は荒れていませんが、間違った自己処理は、肌のトラブルを引き起こす怖い行為なのだということがわかりました。

自己処理をするときは、肌に負担の少ない正しいやり方で行い、処理後は肌がとても乾燥し、デリケートになっているので、クリームなどできちんと保湿してあげることも大切だと思いました。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です