ソイエ泡脱毛の使い方は?お風呂で使うの?肌トラブルを防ぐには?


毛抜きは安く手軽にできる脱毛法ですが、毛根周辺の毛細血管を傷つけて出血したりブツブツができたり、埋没毛ができることがあります。

ピンセットやテープで毛抜きをすると肌トラブルになりますが、安全に毛抜き処理ができるのがソイエです。

毛穴が閉じて固くなっている状態で無理に引き抜くと、毛細血管や皮膚を傷めてブツブツなどができてしまいます。

スポンサードリンク

ソイエには泡脱毛機能がついていて、泡が肌を包んで柔らかくするためツルっと抜くことができます。

お風呂で使えば肌が温まり毛穴が開くので、さらに抜けやすくなります。

毛穴が開いた状態で抜けば肌トラブルが起こりにくいです。

毛が寝た状態で抜くと埋没毛ができます。

埋没毛を無理に抜こうとすると、色素沈着やブツブツの原因になります。

スポンサードリンク

ソイエにはやわ肌ガードがついて、寝た毛を立たせて素早く抜き取ります。

肌を引っ張らずに抜けるので、肌の負担が軽減します。

ツメがピッタリかみ合うから、0.5mmの短い毛でも抜くことができます。

泡脱毛だけでなくドライ脱毛もできますが、肌トラブルを防いで上手に使うには泡脱毛を使用するのがおすすめです。

お風呂で泡脱毛をすれば、毛がスルッと抜けて肌トラブルが起こりにくいです。

お風呂なら泡で周りを汚すこともありません。

音波スクラブヘッドでひじやひざの角質ケアもできます。

入浴をすると肌が柔らかくなるので、角質ケアに最適なタイミングです。

脱毛部位の埋もれ毛予防にもなります。

水洗いできるので使用後のお手入れも簡単です。

脱毛器は清潔を保っておくことが大切です。

不衛生なものは皮膚の炎症などを招く恐れがあります。

お風呂場でついでに洗っておくとよいでしょう。

洗ったら雑菌が繁殖しないようによく乾かして、乾いた場所で保管します。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です