埋没毛の処理方法は?ピーリングと保湿で悪化させずにケアを


埋没毛とは余計な角質が毛穴を塞いで、本来の出るべき場所から出られなくなった毛が皮膚の下で丸まってしまっている状態です。

見た目に汚いだけでなく、酷い場合には毛先が内側に刺さるような状態となって、炎症を起こしてしまうこともあります。

そうでなくても埋没毛を取り出そうとして、毛抜きや尖ったものでいじって傷つけてしまう方がとても多いのです。

スポンサードリンク

埋もれている程度によってはそれで取れる場合もありますが、角質が厚くなっていると毛を取り出せずに、傷だけが残ってしまうこともあります。

埋没毛をなおすには、角質除去目的のピーリングクリームなどを使用します。

スポンサードリンク

ピーリング作用によって毛穴を塞いでいる角質を取り除き、埋没毛が自然に肌表面へ出てくるのを待つのが正しい方法です。

脚などにはボディ用のスクラブジェルなどでも構いませんが、肌の弱い方や使用する部位によっては、フェイス用の穏やかな作用のものを使用したほうが無難です。

また余分な角質を取り去った後には、新しく生まれる角質を柔らかくしておく必要もあります。

乾燥は角質を硬く、厚くしてしまいます。

入浴後や除毛後には、必ずローションやクリームを塗りこんで保湿するようにしてください。

そのようにお手入れをすることで、できてしまった埋没毛をなおすだけでなく、新たな埋没毛ができるのを防止するのにも役立つのです。

さらに古い角質が除去されることで、これまでの除毛などによってできた跡や、色素沈着によるシミを薄くする効果も期待できるので、一石二鳥だといえます。

またそれと同時に、既に埋没毛によって炎症を起こしてしまっている場合には、市販の消毒薬などを塗って化膿するのを防ぐことも忘れないでください。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です