デリケートゾーンの自己処理で感じたこととは?カミソリはあまりオススメできない?


デリケートゾーンの私の処理体験談です。

水着を着る際、毛が水着から出ないようにVラインをカミソリで剃っていきました。

毛が薄いうちはそれも簡単だし、安くて問題ないのですが、毛がしっかりしてくると、生えてきた時にゴマのように見えてきて、下着のラインに当たったり擦れたりして、動くたびに不快に感じました。

スポンサードリンク

だんだん濃くなる感じは他の部位と同じで、剃り始めると産毛だったような毛はどんどん濃くなってきてしまうし、良いことなしでした。

しまいには毛が埋もれてしまい、デリケートゾーンなのに、その毛を掘り出すような危険なことを毛抜きでしようとするしかなくなってしまったり、良くないことの繰り返しになってしまいました。

スポンサードリンク

Iラインに関しても、カミソリを使い始めるとふとももに広く気になる毛が広がって、更に気になってしまうのでカミソリは駄目だと実感しました。

しばらくしてカミソリでVIゾーンを一度に処理した時には、保湿に気をつけてみました。

埋もれ毛はあまり起きませんでしたし、処理した後のツルツル感が割と気に入りました。

しかし3日くらいして、処理した毛が徐々に生えてくると下着にチクチク刺さって、常日頃、デリケートゾーンを意識した生活になってしまいました。

自転車に乗るのは結構嫌な行動の一つでした。

もちろん、その間人目が気になって温泉施設などは行けないし、ちょっと見た目は良くなかったです。

これらの経験から、自己処理のカミソリは手軽で費用が掛からないので気楽ですが、その後の状態と感覚から、あまりオススメしにくい方法だと言えます。

デリケートな部分なので特にIラインなどは危険ですし、処理をしている姿はとても他人には見せられません。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です