VIOの処理をセルフでする時の注意点は?抜いていたら赤く腫れて痛い思いをしました


私は剛毛で量も多く、デリケートゾーンの毛には長年悩まされています。

おすすめしないセルフ処理方法は毛を抜く事です。

VIOゾーンを剃刀で剃ろうとすると、目視することが難しいので危ないです。

スポンサードリンク

そこで剃る以外だと毛を抜いた方がやりやすいと思ったため、以前は抜いていました。

確かに毛を抜けば一定期間は毛が生えてこないし、剃った時のような青いジョリジョリ感もありません。

抜く時は痛いけれど少し我慢すれば良いだけと思い、何年も自分で毛を抜き続けていました。

それがある時肌荒れを起こしてしまったのです。

スポンサードリンク

長年抜いていたため、毛穴がプツプツと突起し、目立つようになりました。

それでも抜いていたところ、毛穴がにきびのように赤く盛り上がるようになってしまいました。

下着でこすれてしまうので、塗り薬もすぐに取れてしまうし、一向に良くなりませんでした。

にきびのように赤く腫れ、次第に中心にポツリと白い膿のような物が出来てしまいました。

皮膚科に行きたくても、見せるのが恥ずかしかったので自分で何とかするしかありませんでした。

ヒリヒリする痛みに耐え、お風呂に入る時もお湯がしみて痛い。

1か月位は毎日塗り薬を塗って過ごしました。

そしてようやく回復しましたが、黒ずみのようなにきび跡のような物が残ってしまいました。

毛を抜き続けていたことで、肌に負担がかかっていたのだとその時実感し、それからは毛を抜くことはやめました。

肌荒れが怖いので、現在ははさみで長さが伸びたらカットするだけに留めています。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です