脱毛でレーザーがホクロにあたるとどうなる?サロンではどうしたらいいの?

woman having a stimulating facial treatment from a therapist
フラッシュ脱毛レーザー脱毛は黒い色素に反応して脱毛効果をもたらすものなので、ホクロがある部分には施術を行うことができません。

ホクロはメラニン色素が集まってできている、黒い色の集合体のようなものです。

大きさや黒さはホクロによって違いがありますが、ホクロのある部位に対してフラッシュ脱毛やレーザー脱毛施術を行ってしまうと、ホクロに光が集中してしまいます。

スポンサードリンク

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では光の熱を黒いムダ毛に集中させて毛根に損傷を与える仕組みになっています。

ホクロが痛みを引き起こす?!

287549585
ホクロにその熱が集中してしまうと、当然ですが痛いです。

毛根に損傷を与えるだけの熱エネルギーがホクロ部分に集中すれば、場合によっては火傷を負うことだってあります。

その為、肌トラブルの危険を避ける為に、一般的な脱毛サロン等ではホクロがある部位に対して脱毛施術を行う場合はホクロを保護テープなどで覆ってから施術を行うケースが多いです。

保護テープなどでホクロをきちんと覆っておけば、ホクロに脱毛施術の影響が及ぶ心配はありません

ホクロだけを覆って施術を行うことができるので、施術そのものを諦める必要もなくなります。

スポンサードリンク

避けやすいホクロなら、脱毛器から発せられる光がホクロに当たらないように注意して施術を行ってくれる脱毛サロンもあるので、ホクロがある部位への施術を希望する場合はカウンセリングなどで確認しておくと良いと思います。

ホクロがあっても施術できる「ニードル脱毛」

また、ニードル脱毛ならホクロの有無を気にする必要がありません。

ニードル脱毛では毛穴に専用の針を差し込んでムダ毛の処理を行うので、ホクロがある場合でも施術を行うことが可能なのです。

ニードル脱毛は毛穴に差し込んだ針に電流を流して毛根に直接ダメージを与えます。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛のように広い部位に対して一度に光を照射するわけではないので、肌の色素に左右されないのが利点の一つだと言えます。

カウンセリングでしっかり確認を

211442713
肌に全くホクロがない人はまずいないと思います。

ムダ毛処理をしたい部位にホクロがあるケースも多いでしょう。

脱毛サロンなどでは、カウンセリングの際にホクロに対する注意もきちんと解説してくれるはずです。

その際に施術部位のホクロの扱いもきちんと教えて貰えるはずなので、施術希望部位にホクロがある場合はカウンセリングの際に不明な点などをきちんと質問しておきましょう。

もちろん、自分でも気づかない場所にホクロが出来ている場合もあります。

その場合は施術時に脱毛サロンのスタッフが適切な対応をしてくれるので、ホクロの存在自体をあまり心配する必要はないと思います。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です