脱毛器の値段を比較してみると2つに分かれる?安くても使えるのか?


脱毛方法といえば色々ありますよね。

大きくわけると二つ、自宅で脱毛するのと脱毛サロン等の業者で脱毛することです。

私のお勧めは自宅での脱毛です。

スポンサードリンク

値段や期間はどのくらい?


脱毛の処理具合や効果の高さは業者さんにお願いしたほうがいいんですが、問題はまず値段だと思うんです。

あと事前に予約を取っておく必要があるので、この週末までに脱毛しておきたいって時に予約がとれないなんてこともよくあります。

特に料金形態が一回当たりでの支払いではなくて期間での支払いになってるお店(5万円先払いですが一年間のうち何回きても追加料金はなし等)だと、かなり先の日時じゃないと予約がとれないってことがあって困ってしまいます。

こういうことを考えると自宅での脱毛は好きな時に出来るのがとても便利ってわけです。

実際自宅で脱毛をするとしてお勧めなのが家庭用脱毛器を使うことです。

眉毛を整えるぐらいなら毛抜きで手作業もいいですが、腕や足、脇となると脱毛範囲も広く、手作業では時間と労力がかかりすぎてしまうわけです。

家庭用脱毛器は大きくわけて2種類です。

値段ではっきりと差がでてます。

安いものは3000円前後その上位互換機でも7,8000円ぐらいです。

名前でいうとソイエとかがそれに相当します。

高いものは最低でも2,3万しますし下手すれば10万円ぐらいするものがあります。

有名なものでいうとケノンですね。

これだけ価格差があると安いものは脱毛できるの?って思いますが、もちろん出来ます。

スポンサードリンク

私は主にこの安い方の家庭用脱毛器を使用してるので、こちらを紹介していきます。

おススメの部位と微妙な部位


処理方法は毛を抜いていくので、普通に痛みが伴いますが処理速度が速いのですぐ終わります。

お勧めの部位は主にです。

もともと腕の毛は比較的薄いので多少の抜き残しがあっても目立ちにくいですし痛みもそれほどない、脱毛部分の面積は広くても処理速度の速いこのタイプなら問題ないってわけです。

お手入れのペースも月1ぐらいで十分な感じです。

しかし足は微妙です。

これは個人差があると思います。

腕ぐらいの薄さの人なら問題なくお勧めです。

足の甲、スネ、太ももってなると腕よりも広範囲なのでほんと助かります。

ただ毛が濃い目の人だと脱毛時の痛みが気になると思います。

そして毛が太いと生えてくる時チクチクするのでこれが嫌って感じる人もいるでしょう。

この対策はチクチクを感じたらそのたびに脱毛していくことです。

週1ぐらいのペースになるかもしれませんが、回数を重ねていくと毛の生えてくる速度にバラツキが生じるため一回当たりの脱毛時間は短くなると思います。

脱毛する毛の本数も少ないので痛みも少なめにすることができます。

ワキは脱毛する部分が狭いのでそれほど時間はかかりません。

毛が太いのとワキの皮膚が柔らかいので脱毛時の痛みは結構あると思いますが、ここは気合で我慢です。

脇を処理すると腋臭を抑えることができるので夏場の脱毛は必須です。

私の脱毛してる部分はこんな感じです。

幸い一度家庭用脱毛器を購入してしまえば、あとは使用時の電気代がいるだけでとても経済的、しかも自分の好きな時間にできるので便利です。

すでに数年間家庭用脱毛器を使用してますが肌トラブルとかもありません。

皮膚が弱い私でも今のところ大丈夫なので、ほとんどの人はいけるんじゃないかな?って思います。

気になる方は一度試してみてください。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です