脱毛で黒いブツブツが出来るのはなぜ?対処方法はどうすればいいの?


埋没毛のなおし方についてはエステ脱毛を行う方法もあれば、自宅で治す方法もあります。

そもそも埋没毛が発生する原因というのは日常のムダ毛処理によって起こっている事が大半であり、剃刀によって剃って処理する事によって、埋没毛のような見た目の良く無い黒いブツブツが出来る可能性があり、ムダ毛のみならず肌にもカミソリの刃の刺激が当たりますからメラニン色素が活性化して色が出てしまうものです。

この黒いブツブツが発生するものは埋没毛に見えるタイプのものであり、厳密には埋没毛では無く、毛抜き処理をピンセットで行う事は埋没毛リスクを高める事になります。

スポンサードリンク

ピンセット処理を行えば雑菌が毛穴に入るリスクがありますし、黒ずみや傷める可能性もあり次に生えてくる毛の流れが変わって皮膚表面にまで毛が現れなくなる事もあるのです。

スポンサードリンク

剃刀処理でもピンセット処理でも毛穴に傷が付いてしまい、そこにかさぶたが発生すると次に生える毛が塞がれて地上に出れなくなる事もありますから、これらの処理方法では埋もれ毛発生する可能性があるので注意が必要と言えます。

しかし、これらの方法でも肌を傷つけずに処理を行えば埋もれ毛を発生させずに済みますし、埋もれ毛が発生していても内部の毛を取り除く事も可能です。

自宅で脱毛を行う場合には風呂に入って体を温める事は有効であり、毛穴も広がった状態で脱毛すれば肌に対する負担を減らして脱毛可能ですし、ムダ毛処理後に抑毛ローション等でアフターケアを行う事も有効になります。

ピーリングジェルによって埋没毛原因になる肌の古くなった角質を取る事は可能ですし、黒ずみを取り除くにはピーリングは有効です。

重度のものはエステサロン等で処理する事が望ましいですが、自宅で治せる場合は試してみるのも良いです。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です