脱毛で黒いぶつぶつができるのはなぜ?鳥肌になってしまったら?

20150826
女性に不可欠なムダ毛処理ですが、カミソリで剃ってもすぐに生えてきてしまいます。

手足のムダ毛はまだ細いからカミソリでもきれいにすることができますが、太くて濃い脇のムダ毛はカミソリで剃ると剃り跡が目立ったり、朝剃っても夕方にはプツプツと黒く伸びてきてしまいます。

仕上がりのきれいさを求めて毛抜きで脱毛していると確かに生えてくるスピードは格段に遅くなりますが、肌に大きな負担をかけてしまいます。

スポンサードリンク

黒いぶつぶつは「毛抜き」が原因?!

210117871
毛抜きで脇が鳥肌みたいになってしまうのは、ムダ毛を毛抜きで自己処理しているせいです。

無理やり毛を抜いていますから、毛根や周りの組織、毛穴の周りなどが炎症を起こして鳥肌のようになってしまいます。

また、脇の肌はとてもデリケートで柔らかいですから、引っ張ることで皮膚が伸びてしまって、鳥肌になってしまうこともあります。

そして、鳥肌が黒いぶつぶつになっていたら、埋没毛という状態になっています。

毛抜きで脱毛すると多大なダメージが肌にかかってしまって、肌はダメージから守ろうとして角質をすぐに作ってしまって、表皮の下にムダ毛が伸びて埋もれてしまい、毛穴がぶつぶつと黒い鳥肌のようになってしまいます。

スポンサードリンク

肌に負担をかけない「脱毛サロン」がおすすめ

このように、ムダ毛を抜く自己処理は様々な肌トラブルを起こしてしまいますから、脱毛サロンやクリニックで肌に負担のない脱毛を受けるのがおすすめです。

黒いメラニンにのみ反応する光を当ててムダ毛を処理していきますから、肌にはダメージを加えることなくムダ毛をなくしていくことができます。

また、自己処理をしなくなりますから肌は徐々にきれいになってきて、鳥肌状態も少しずつきれいになっていきます。

肌に優しくムダ毛をなくしていくことができますから、サロンやクリニックの脱毛を検討してみましょう。

定期的な「角質ケア」も大切

330204389
また、光脱毛やレーザー脱毛を受けてムダ毛がなくなった後に鳥肌のようになる方もいらっしゃいます。

これはムダ毛がなくなった毛穴に皮脂や汚れがたまりやすくなっていて、角質が厚くなってしまうと毛穴が鳥肌のようになってしまいます。

いわば顔の毛穴にできる角栓と似たようなものなので、丁寧に洗って角質ケアをするのが一番です。

ゴシゴシ力を入れると余計に毛穴に汚れがたまりやすくなりますから、泡立てた石鹸などで優しく手で洗うようにすると良いでしょう。

また、定期的に角質ケアとしてピーリング石鹸を使用すると、汚れが落ちやすくなります。

スプレータイプのパウダー入りデオドラント剤は毛穴詰まりの原因となりますから、使用しないようにして、しっかりと保湿を心がけるようにしましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング
▼お役に立ったらクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です